スムーズに売却

空と高層マンション

マンション売却は一般の人が思っている以上に時間や手間隙がかかります。株や債券などの資産は売却をしようと思えばすぐに売却する事が可能ですが、マンション売却の場合は買い手候補を見つけるために不動産仲介業者に依頼をしたり、買い手候補との間で売買条件の交渉や契約書の締結などが必要になるため、実際に売買代金の受け取りを行うまでには数ヶ月はかかります。そのため、スムーズにマンション売却を行うためには事前準備を早めに行っておく事が大切です。例えば、売買契約が完了した際にすぐに登記の移転ができるよう、登記書の準備や確認を行っておく事や、スムーズな引渡しが行えるように売却後の移転先住居の確保を予め行っておくとスムーズにマンション売却手続きを進める事が可能となります。

マンションを良い値段で売却するためには、売却するタイミングが非常に重要となります。多少古かったり立地に問題があるようなマンションであっても、マンション需要が高くて相場が上昇基調にある時期に売却すると高値で売却する事が可能なのです。日本のマンション相場は2000年以降暫く横ばい推移が続いていましたが、2010年代に入ってから緩やかに上昇基調に転じています。特に東京オリンピックの誘致が決定してからは上昇基調が鮮明となっており、この傾向は暫く続くと予想されています。特に東京都心部や大阪などの大都市のマンション価格は上昇が顕著であり、ワンルームマンションでも一部屋3000万円から5000万円する物件も出てきています。