家を買うときは

たくさんの札束

家を購入するかどうかを迷ってる人の多くは、その価格で迷っているのです。価格が一括で現金で買える人は少なく、どうしても住宅ローンを組まざるを得ないからです。住宅ローンで一戸建てを購入すると言っても20年以上はローンを払い続けなければならず、下手をすると死ぬまでローンに追われながらの人生になってしまうのです。 逆に言えば一戸建てが一万円で買えるとすれば誰も躊躇などしないでしょう。 つまりこれは、住宅を買う場合は購入額が少なくなればなるほど決断し易くなると言うことでもあるのです。 住宅を購入するときに安くできる方法はないでしょうか。実は、登記を自分ですることで20万円から30万円は安くなります。登記については登記所で無料で勉強会が開かれていますのでそこに参加してみるのもいいでしょう。

一戸建ての購入がある程度現実的になれば、次の悩みはどんな一戸建てにするかです。 これには大きく分けて2つの選択があります。 一つが新築の一戸建て住宅を購入することです。新築の住宅のメリットは何と言っても新しいことです。誰も住んだことのない家に住むというのは多くの人にとって密かなあこがれでもあります。 これに対して最近注目されているのが中古の一戸建てです。中古の一戸建てのメリットはその安さです。最近は一部の都市を除けば空家も多く、住宅が余ってきています。中古住宅に踏み切れない人は耐震性の問題と人が住んだ家には住みたくないという感情的な壁のせいです。耐震性は中古住宅を購入するときに調べてもらえますし(無料で行っているところもある)、また、リフォームやリノベーションで新しくできるので、後は感情的にそれを許せるかどうかだけだと思います。